カーステンボッシュ国立植物園の花々(1)

  


テーブルマウンテンの斜面にある、南アフリカ最大の植物園、南アフリカ原産種の保存園です。
花の見頃は3月から12月頃で、花も終わりにさしかかった真夏の花々を見てきました。
ここには、多種類のプロテア、エリカ、ペラルゴニューム、シダ等6000種が集められているとか〜
広い園内はガイドが車で案内をしていました。
サボテン園や樹木のコースでは人を見かけませんでした。どこの植物園でも同じでしょうか
出入り口付近のガーデンやショップやレストラン付近では多くの見学者で賑わっていましたが

私は、前々日テーブルマウンテンから、この植物園に降りてきていたので、少し慣れていると
一人でカメラ2台とメモ帳にスケッチブックをもって広い園内を一日中昼食も摂らずに
歩き回ってました。それでも時間が足らないほどでした。
他のメンバーは、ステレンボッシュへ山岳ハイキングに〜←余談ですが、皆さん10K程も歩いたとかでクタクタでお帰りでした
私は、一人でカーステンボッシュへ!花三昧の♪♪♪大大大満足の一日でした。
    

     

テーブルマウンテンを背にした
ハーブガーデンの中の ナチュラルハウス

 

 

ショップ前の大きな木に
こんなにきれいな花が
  


この道を登るとプロテア園へ

途中、木の下で咲いていたEulophia horstallii 2mもあるおおきさでした。

 
  

アガパンサスが満開

 

ヤマモガシ科の花々

花も葉もユニーク!!
乾いた大地を感じさせますネ

入ったところのフロアーに 見本花がおいてあります。

     

南アフリカ原産の代表種ともいえるプロテアは、さまざまな姿に変身することのできる
ギリシア神話の神、プロテウスから名前をとってるそうです。

         

 丁度見頃の プロテア・レペンス  他のプロテア類は花が終わってました。

     
      

南アフリカの国花、キングプロテアの花は終わり 枯れた花ばかりでした
この花は南アフリカに行く前に花屋で買ったものです。
この花の、咲いているところが見たかったのでチョット残念!でした

一花だけ咲いていた
   クイーンプロテア
          
 

           

クイーンプロテの蕾と花

上のクイーンプロテアは終わりかけですが
この花は咲き始めなのでトテモきれいですネ
カーステンで見たものではないのですが〜

この写真はハイキングに行った
ステレンボッシュで
山女さんが撮したものです。        


 
          

    Leucadendoron リューカデンドロン 色々

 
     

 

         
       

 Leucospermun 別名ピンクッション色々  

    

                                  ↑このピンクッションは右の様な姿で咲いてます
     
     
   

サボテン園
アロエもこんなに大きくなるんだ!!

下草には多肉植物やパイナップルリリーなど
なじみのある植物が生えていました。

このサボテンの林では歩いているのは私だけ とても気に入りユックリと見て回る

  

後のテーブルマウンテン 角度が違うとこんな姿にも見えて

  TOPへ   カーステンボッシュ国立植物園(2)へ

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送